A3に縮小した場合も考える

見やすい図面を作図する為に線の太さを区分すること、そして具体的にはどの程度の太さで印刷をすれば良いのか。

前回はそんな話を取り上げて、線の太さを調整した図面と、全部同じ太さで印刷した図面を作ってみました。

違う設定で印刷するのは簡単なんですけど、サンプルの図面を用意するのは結構大変でした。

適当な平面図を描くと言っても、ある程度の密度がないと違いが分からないから、あまりにも適当では困る。

だけどすぐに作りたい平面図なので、時間をかける訳にはいかない、という葛藤が少しだけありました。

ちなみに、PDFと画像を作成した後で、変な位置に通り芯が記入されている事が判明しました。

ちょっと気になる状態なんですけど、……まあいいか、という感じでそのままになっています。

もの凄くヒマになったら差し替えますけど、多分そのままになるんじゃないかと思います。


■基本はA1だけど

さて……

前回・前々回の話はあくまでも「A1サイズで印刷する際に、どの程度の太さに設定すれば良いのか」でした。

サンプル図はA4サイズをベースにしましたが、それは単純に一般家庭のプリンターを意識したから。

作図した際の縮尺を変えないという考えは、A1サイズで作図した時のことを考えての話です。

割と小さなA4サイズの用紙に、A1サイズに印刷した場合と同じ線の太さで印刷をしました。

だから、試しにA4で印刷をしてみたら、これはかなり線が太いな……と感じてしまいました。

これはA3縮小版の図面に慣れているせいかも知れません。

以前も書いたように、図面は基本的にA1サイズの用紙に印刷するのが標準になっています。

そう言う意味では、A1サイズに印刷した場合の太さをまず考えるのは、全然間違いではありません。

ですが、持ち運びのしやすさなどでA3サイズに縮小する場合も結構多いので、その場合についても考えておく必要があります。

そんな訳で、今回はA3サイズに図面を縮小した場合の、線の太さの調整について考えてみたいと思います。

 

■A3サイズに縮小した場合

A1サイズの図面をA3サイズに縮小する場合には、縮小率は50%ということになります。

面積は1/4になる訳ですけど、図面で大事なのは面積ではなく長さなので、面積はあまり気にしないことにして……

縮小率が50%になるので、例えば建物の壁を表現した場合には、壁の厚さが半分になってしまう訳です。

要するに「壁の厚さが半分になるのに、同じ太さの線で印刷をしても大丈夫なのか?」という話。

また建物の図面を例に出してすみませんが、厚さ150mmの壁を表現した場合をここでは考えてみます。

150mmの壁を縮尺1/50の図面で表現する場合、A1サイズの図面に印刷した場合にどうなるか。

計算はシンプルに 150/50=3 なので、A1サイズでは壁として3mm巾の2本線になります。

ちなみにこの150mmの壁というのは、前回サンプルで出した図面の中では、外壁にあたる部分で使っています。

こんな感じの場所です。

 

外壁の巾

 

もちろん部屋内と外部側にもう1本線があるので、雰囲気としては3mmよりも大きく感じますが。

この壁厚150mmの図面をA3サイズに縮小すると、半分になる訳ですから当然1.5mm巾の2本線になります。

計算式も一応書くと、 150/100=1.5 です。

150mmの壁が1/100に縮小されて1.5mm巾で表現される、という感じですね。

 

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ