寸法線を並列記入する場合

CADで寸法を記入していくのは簡単なので、ついつい直列でたくさん寸法を並べてしまいがち。

そうすると、目的の場所が基準からどれくらいの距離にあるのかを、何度も足し算をして出す必要があります。

計算機でやればすぐ出来る計算でも、頭の中で暗算をすると結構間違えてしまうものです。

多分コレは私だけではない……ですよね。

そうした間違いが発生しやすい図面を描くのは、なるべくなら避けた方が良い、というのが前回の話でした。

ただし、だからと言って、基準の芯から全ての位置を計算しないで出せるようにするのは難しいです。

それをやる為には、寸法線を並列にたくさん並べていく必要があるし、そもそも図面内にそんなスペースはありません。

何事もほどほどが大事なんです。

ということで、見やすさと計算させない図面という両方のバランスを考えながら作図をする必要があるということです。

まあこうやって書くだけなら簡単なんですけど、実際にやるのは結構難しいんですよね。

さて、今回は先程少し話が出た「並列寸法記入」をする場合の、基本的なお約束について考えてみましょう。

続きを読んでみる »

何度も足し算をさせない配慮も

前のカテゴリでは、見やすい図面を描く為には寸法値などの文字記入に気を遣うべき、というテーマで話をしてきました。

数字や文字は、読めないとせっかく記入した意味がなくなってしまうので、細かい部分ですが気を付けないといけません。

と、少し難しい感じの話をしてきましたが、簡単に書くと「文字が読みやすいように気を付ける」だけの話。

まあシンプルだからこそ難しいのだから、簡単に言うなよ……という部分もある訳ですけど。

このカテゴリで説明するのは寸法値ではなく、寸法を実際にどこに配置するのか、というあたりの話。

文字を重ねないのも重要ですけど、その寸法がどこを指しているのかを分かりやすく示すのも、同じくらい重要なことです。

寸法を配置する位置と文字の重なりをなくした図面になれば、かなり見やすい図面が出来上がるはず。

ということで、また細かい話になりますけど、各種項目について解説をしていきたいと思います。

続きを読んでみる »

読めるかどうかが問題で

寸法値同士が重なってしまうと、線と数字の重なりとは違い、全然読むことが出来なくなってしまいます。

それを避ける為に寸法値を調整することは、見やすい図面を描く為に絶対必要なことです。

というような話を前回はしました。

図面の状況に合わせて寸法を記入するのであって、寸法が入れやすい形状に図面を描くわけではない。

それは当たり前の事ですから、寸法値のひとつひとつを読める状態にするよう気を遣わなけれないけません。

面倒で地味な仕事でも、確実にこなしていくこと。

これが図面を描くプロに求められる仕事ですから、面倒と言わずにもうやるしかありません。

ただ、図面を描くプロ全員が、見やすい図面を描くことに気を遣っている訳ではない、というのが現実です。

だから、こうした細かいところで差をつけておく、ということが出来る可能性はあります。

どうせ同じ仕事をするのなら、高い評価を受けた方が良いんじゃないかと私は思いますが、いかがでしょうか。

ということで、今回は寸法関連の続きです。

続きを読んでみる »

寸法値同士の重なりもNG

見やすい図面を描く為には、図面内に記入されている線と寸法値が重ならないようにしておく。

寸法記入の基本的なルールは何か、という話の中で、前回はそんなポイントを取り上げてみました。

図面に描かれた線には、1本1本にそれぞれ意味があるもの。

それは寸法値や文字も同じで、意味と意図があってそこに記載されている訳ですから、読めなくては意味がない。

これはもう図面の大前提と言っても良いんじゃないか、と思うくらい重要なポイントだと思います。

今回はちょっと似たような話ですが、寸法値の自動配置が引き起こす状況についてもう少し考えてみましょう。

続きを読んでみる »

寸法値と図面要素は重ねない

前回は、図面を構成する上で非常に重要で、かつ数が多い要素である寸法線について考えてみました。

どうやって寸法線を入力すると見やすい図面になるのか、というのは経験によって少しずつ身に付いて来るものです。

経験を積むことに近道はないですから、地道に経験を積んでいくしかない、というのが正直なところ。

今は経験がないから出来ないのは当たり前、ではなく、出来るだけ色々なことを吸収する姿勢が大事です。

ただ、こうした経験を積むのは時間が掛かりますが、それでも何も手を打てないかというと、そうでもない。

「これをしたら図面は確実に見やすくならない」というポイントは、挙げていくと結構な数あるんです。

というのを前回色々と項目だけを挙げてみました。

そうした「これはNG」みたいな要素であれば、経験を積んでいなくても、ある程度は守ることは出来ます。

単純にNG項目を覚えておき、それを作図の際に極力やらないように気を付ければ良い訳ですから。

もちろんこれは「出来るだけそうする」という感じであって、「何が何でも」というニュアンスではありません。

頭をガチガチに固くして「これを守らないと図面じゃない」みたいなスタンスで臨むのは危険です。

これから前回挙げた項目を、個別にもう少し詳しく説明していきますが、そんな気持ちで読むのが良いんじゃないかと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ