CADの種類は色々だけど

一般的に図面を描く為のツールをCADと呼び、その種類はメーカーによって色々ある、という話を前回はしました。

で、これからCADを覚える場合にどのCADを選べば良いのか、という話もしましたが、これは結論が出ませんでした。

自分が一体どんな図面を描きたいのか。

それによって、自分が今どんな種類のCADを覚えれば良いのかは大体決まってしまいます。

そんな話も前回は取り上げましたが、これはどの会社に所属するのかによって違ってくるものです。

作図する図面のジャンルによってCADの種類は大きく絞られますが、その中からどれを選ぶのかは会社の都合になります。

そういう要素もあるので、私が安易に「このCADがお勧め」というのも無責任な話なんですよね。

そのあたりの話は、それぞれの方がどんな状況にいるのかによって違うので、慎重に考えて頂ければと思います。

今回はそんな話の続きと、手始めに操作してみたい場合はどんなCADを使ったら良いのか、という話をしてみます。

続きを読んでみる »

どのCADを覚えれば良いか

CADを自由自在に使いこなすためにはどうすれば良いのか。

これがこのカテゴリのテーマですから、全体的な話から具体的な話まで、色々と説明をしていこうと思いましたが……

実際に説明をしようとすると、まずは「どのCADを取り上げれば良いの?」という大きな問題に直面します。

CADと言っても種類はたくさんあって、その中から具体的なひとつのCADだけを取り上げていいものか。

そんな疑問もあって、どんなスタイルで進めるかに悩んでしまいます。

当サイトのテーマは、あくまでも「見やすい図面を描くこと」であり、CADはその為のツールでしかありません。

だから特定のCADについて、操作の手順を説明する等を、今まで全くやって来ませんでした。

今さらCADの操作方法についての説明と言っても、ちょっと話がぼやけてしまう気がします。

と、そんな訳で、このカテゴリで説明をする内容は、どんなCADにも言えるような一般的な話にしておきます。

何だか当たり障りのない話になってしまう可能性もありますけど、一般的な話も大事なことはたくさんあります。

場合によっては、一つの機能を説明するよりも有効な場合もあるので、そんなスタンスで読んで頂ければ嬉しいです。

続きを読んでみる »

どのようにCADを覚えるのか

前のカテゴリでは、見やすい図面を描くためのスキルと、図面を描くためのツールであるCADがどんな関係にあるのかを考えてみました。

せっかく図面を描く為の高いスキルを持っていても、CADが使いこなせないとそれを充分に発揮することが出来ません。

これは、昔は手描きで図面を描いていたという方、割とベテランの方に多いパターンではないかと思います。

もちろん逆のパターンもあります。

どんなにCADを自由自在に使いこなすことが出来ても、図面の中身についての知識がないとツライ。

せっかくマウスの動きやCADの操作が早くても、どんな線を引けば良いのかが分からないと手を動かすことが出来ないんです。

そうなると、結局はCADの操作があまり早くない人よりも、図面の完成までに時間がかかることになります。

もしくは、何を描けば良いのかが分からない場合には、図面を完成させることすら出来ない可能性もあります。

絵筆を使えるからと言って、うまい絵を描くことが出来るとは限らないのと同じで、CADを使えるから図面が描けるとは限らない。

これが残念ながら現実なんです。

続きを読んでみる »

間違いの責任について考える

CADには、一度作図した要素をコピーするという機能があって、使い方によっては非常に便利です。

この便利さは、一度CADを使って図面を描くことに慣れたあとで、手描きを少しやってみると良く分かります。

実際は、真剣に手描きで図面を描く機会はそれほど多くないので、あまりそれを痛感することは多くないですが。

私の場合は建築士試験の製図で手描きをやる機会があって、CADの便利さを思い知る事になりました。

もちろんそこには「慣れ」もあるんですけど、同じ形状の図形を何度も自分で描くのはやっぱり大変。

普段当たり前に使っているコピー機能が、どれだけ有り難い存在なのかを知る良い機会になりました。

ただし、確かにコピー機能は便利なんですけど、そうした便利さだけに注目をすると、大事なことが見えなくなります。

コピー機能の便利さだけではなく、コピー出来るということの危険性も知っておく、というのが大事なんです。

ということで今回は、CADで図面を描く際に気を付けるべきポイントについて書いてみたいと思います。

続きを読んでみる »

CADならではの間違いもある

手描きでもCADでも、最初に作図した状態というのは、単純な間違いがある可能性が高い状態です。

どんなに気をつけても間違いというのはゼロにすることは出来ないので、少なくとも作図をしたら自分でチェックをする。

そんな習慣を身に着けたいものです。

きちんとチェックをしても、完成した図面の中には間違いが1~2箇所程度あるかも知れません。

でも、完成図をチェックをしない状態だと、間違いの箇所数がかなり多くなってしまうことになります。

これは当然、図面を見る側にも伝わることになります。

この図面はチェックをしないで送ってきたな、とか、そういうのは図面の雰囲気と間違いの数ですぐに分かるんです。

そうなると、この人は図面をチェックしない人だから、大事な図面を任せることは出来ないな、と思われてしまいます。

こうして自らの手で自分の信用度を落としてしまうことになるので、作図した図面は必ずチェックをすることをオススメします。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ