完成した図面のチェックをする意味

CADは図面を描く為の非常に便利なツールですが、最終的な成果品はあくまでも紙に印刷した図面です。

パソコンとCADを使ってある程度はデジタルになりましたが、図面の世界はまだアナログが多いんですよね。

ペーパーレスの時代はまだ先のような気が、個人的にはしています。

もう少し技術が進歩すれば、紙は完全に無くなって、タブレット型端末で図面を見るようになるかも……

そんな可能性もありますけど、そこに至るまでにはまだクリアするべき壁が幾つかある状態です。

なので、しばらくの間は紙に印刷した図面を見る、というスタイルが図面の一般的な使い方になると思います。

CADで作図をする場合、画面上では読むことが出来る文字や数字も、紙に印刷したら読みにくい場合がある。

この問題点は前回取り上げて、作図をする側が気を付けなければいけない部分であると紹介しました。

これは、CADの画面だけを見ている人にありがちな失敗で、図面を見る側としてはかなり困ることなんです。

自分が書いている図面が最終的にはどういう状態になるのか、という部分を意識して図面を描いていく。

CADを使って図面を作図する側には、そんな想像力が求められる訳です。

続きを読んでみる »

CADの画面では見えるけど……

CADを使うと見やすい図面は描けないのか? というテーマで色々と思うことを書いてきましたが……

私はCADをかなり愛用しているので、どうしてもCAD寄りの意見になってしまっていると思います。

これはある程度仕方がないことだと思ってます。

でも私は、CADが本当に便利なツールだと思いながら使っていて、思ってもいないことを書いている訳ではありません。

この便利さとある程度の注意点を、これを読んでいる方にぜひ知ってもらえればという気持ちで書いています。

ただ、ここで私がいくらCADを褒めても、逆にCADなんてダメと書いたとしても、別に何も変わらないんですよね。

いくらなんでも急にCADから手描きに戻るとか、そんな可能性は絶対にゼロですから。

どうせCADを使わなければならないのなら、出来るだけ効率良く、かつ成果が出るように使いたいもの。

その為に出来ることは結構あると思います。

今回は、そんなCADを使って図面を描く際に、CADだから気をつけておきたい部分は何か、というあたりを考えてみましょう。

続きを読んでみる »

CADを使いこなした先にあるもの

ツールをしっかりと使いこなすことが出来て、作図する人にきちんとした知識があれば良い図面を描くことは可能です。

たとえ作図の為のツールがCADであっても、手描きであっても、その条件は変わることはありません。

前回はそんな話をしました。

当サイトのテーマはCADで見やすい図面を描くためのコツ、というあたりなので、まあ当然そんな結論にはなるんですが。

今まで結構な数の人から「やっぱり手描きの時代に比べて図面の質が落ちた」というニュアンスの言葉を聞いて来ました。

でもそれは単純にCADが悪いのではなく、CADを使う側に問題があるのだと私は思っています。

そういうことを言われない為にも、プロであれば出来るだけツールを自由自在に使いこなせた方が良い。

そんな理屈になる訳です。

今回は、CADというツールを使ってクオリティの高い図面を描く、というあたりの話をもう少し考えてみます。

続きを読んでみる »

CADでも良い図面は描ける

見やすい図面を描くためには、手で図面を描くことが出来るスキルとCADのスキルをバランス良く持っている必要があります。

どちらか一方しかない状態だと、完成した図面のクオリティはあまり高くない状態になる可能性が高い。

プロとしてそれでは恥ずかしいので、そうならない為にも、どちらのスキルも磨いていく方が良いと思います。

もちろん最初からどちらも出来る人なんていないですし、これを書いている私だってそんなに完璧ではありません。

それは皆同じような条件なんですけど、そのレベルを目指しているかどうか、という部分は人によって結構違います。

スキルを高めたいと思っていて、高いレベルを目指している人は、関連する情報に飢えているものです。

今のままで別に良いかな……と思っている人と同じ量の情報をインプットしたとしても、身になる量が違う。

だから成長のスピードが違ってくるのは当然、ということです。

見やすい図面を描くことを目指しているのなら、図面の知識もCADのテクニックの両方を貪欲に吸収していくことをオススメします。

どうせ同じ情報を得るのなら効率が良い方がお得なので、ぜひ自分のために高みを目指して頂ければと思います。

さて、今回はCADを使って図面を描く際に、手描きと同じレベルの見やすさまで持っていけるのか、というあたりを考えてみましょう。

続きを読んでみる »

CADのスキル+図面の知識


今まで見やすい図面を描く為のスキルと、CADのスキルがどう関係してくるのか、という話を色々と考えてきました。

その中で、前回はCADを使えるからと言って、それが図面を描くことが出来るとは言えない、という話になりました。

自分の手で図面を描くことと、自分の手でマウスを使って図面を描くことは、似ているようで結構違うもの。

この感覚の違いは結構大きいんですよね。

今まで手描きで図面を描いてきた方でも、なかなかCADで上手く描くことが出来ない場合があります。

非常に勿体ない話なんですけど。

それはやっぱり「自分の手とマウスの違い」が大きな要因の一つになっているのだと思います

もう一つの要因は気持ち的な問題です。

今まで手描きで問題なく図面を描くことが出来たのに、何故わざわざCADを使わなければイケナイのか。

と、そういう気持ちでCADを使ってもなかなかスキルは向上しないですから、そうした問題も大きいはずです。

ただ、気持ちの問題は確かにありますけど、やっぱりマウスが自分の手と同じように動かない、というのが大きいですね。

今回はそのあたりのバランスについて、もう少しだけ考えてみることにします。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ