同じ図面でも評価が違うこともある


図面を描く仕事というのは、図面に関する知識とCADのスキルが必要とされる、言ってみれば技術職的な色合いが強い仕事です。

でも、そうした全般的な技術が高ければそれで良いのかというと、必ずしもそういう訳ではありません。

自分が持っているスキルを相手に売り込むというか、出来るだけ良く知って貰うように、営業的なスキルも必要なんです。

まあそうしたスキルを「営業的」と呼ぶことが正解なのかは、ちょっとよく分かりませんが……

とにかく、知識とテクニックだけを追い求めればOKという訳ではなく、もう少し幅の広い仕事だということです。

もう少し具体的に言うと、それは取引先の担当者とのコミュニケーションスキルなど、人と関係したスキルです。

どんなに専門的な知識を持つ仕事であっても、結局は図面を描く人と図面を必要とする人の関係が発生します。

そこが上手く行かない限り、どんなに優れた図面を描いたとしても、それがそのまま100%評価されることはありません。

プロとして図面を描くのなら、相手に評価されてナンボという世界があるので、そこはよく考えてみるべき部分だと思います。

ということで、今回は作図した図面が評価される為に必要なことについて、私の考えていることを書いてみます。

続きを読んでみる »

作図スキル以外に必要なものとは


図面を作図するプロとしてお客さんから信用を得るのは、見やすくて正確な図面を描き続けるという地道な努力が必要です。

もちろん仕事で図面を描いている方にとって、正確な図面を描き続けるということは業務になります。

だからそこに特別な努力が必要という訳ではありませんが……

それでも、良い図面を描いて少しずつ信用を得るというのは、やってみると結構大変なことなんですよね。

しかしそうした努力を積み重ねることによって得られる信用というのは、ビジネスとしてはかなりのメリットがあるものです。

そして逆にその分だけ、信用を失ってしまった時の影響も大きくなる、というのはどんな仕事でも一緒だと思います。

仕事を頼むなら出来るだけ信用出来る相手に。

そう思うのは会社-会社でも、会社-人でも、人-人でも、基本的にはほとんど同じですから。

同じ仕事をするのならば、どうせなら評価されて信用される方が良いに決まっているので、出来ればそうした評価を得たいものです。

続きを読んでみる »

信用を得ることの難しさと価値


当サイトでは「見やすい図面を描く為のコツ」をテーマにして、ちょっと細か過ぎる内容もありますが色々と紹介しています。

寸法の記入はどうやれば見やすいか、文字のサイズの標準や配置の際に気をつけることはどこか。

などなど、普段私が図面を描く時に気を配っている内容を、思い出した順番に書き連ねています。

お陰で項目があまり整理されず、系統ごとに細かい説明をしていくというパターンが崩れてますが……

これは後で時間があったら整理出来れば良いなと思っています。

そしてこのカテゴリでは、そうした見やすい図面を描く為のテクニックではなく、なぜ見やすい図面を目指すのかを考えています。

ちょっとサイトの趣旨とは違うような気もしますけど、仕事をする上で役立つ知識ということでついでに書いてます。

いくらテクニックを身につけても、どんな目的の為にそれを活かしていけば良いのかを知らないと意味がないですから。

続きを読んでみる »

プロとして評価される仕事


図面を描くプロとして見られると、良い図面を描いてもなかなか直接褒められるようなことはありません。

プロだからお客さんの求めるレベルを満たすことは、ある程度当たり前のことだという認識がある訳です。

作図する側としても、お客さんの要望を満たすべく全力を尽くすのは当然、という思いがあることが基本です。

自分なりにこんなに頑張っているのに……

などと言いたくなる場合は結構ありますけど、やっぱりプロとしてそれはあまり言うべきではないんですよね。。

自分が自分を評価するというのは、まあ評価する側としては簡単で気楽なんですけど、そこには厳しさが入る余地がありません。

誰だって自分が可愛いですから、そこで自分を厳しく評価することは結構難しいことなんですよね。

そのあたりの話は、こうして「プロの仕事は……」みたいなことを書いている私も全く一緒です。

自分で自分の仕事にある程度満足したとしても、それがそのままお客さんの満足につながる訳じゃない。

この事実は私が今まで仕事をしてきた中で、イヤというほど経験してきたことなので、多分共通事項として言えることだと思います。

続きを読んでみる »

図面を描くプロとして見られる


見やすい図面を描く為のポイントは色々あります。

そのあたりの話を、ちょっと順番が整理されているとは言い難いですけど、当サイトでは色々と書いています。

しかしそのあたりに気を配って作図をしても、それがそのまま図面の評価には繋がりにくいという現実もあります。

見やすい図面を描くスキルというのは、もしかしたらちょっと地味なスキルなのかも知れません。

細かい部分まで長々と解説しておいて、今さらこんなことを書くのもずるい気がしますけど……

まあそういう評価されにくい側面があることは、私の今までの経験から言って間違いないと思います。

せっかく見やすい図面を描くように気をつけても、CADのスキルアップのような分かりやすい結果が出にくい。

だからといって見づらい図面で良いのかというと、そうではないところが悩ましいんですよね。

今回はもう少しだけ、このあたりの話を考えてみたいと思います。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ