避けて通れないのだから……


図面を描く仕事とは言っても、黙々と図面を描いていれば良い訳ではなく、コミュニケーションスキルも重要な要素になる。

前回はそんな当たり前の話題を取り上げてみました。

どんな仕事でも似たような話だとは思いますが、図面というのは「これが正解」という模範解答があまりない分野です。

もちろん基本的な部分で「こうすれば無難」などの話はありますが、そのパターンは結構たくさんあります。

なので、図面を使う側の考え方をある程度知っておかないと、不正解ではないけどあまり正解とは言いたくない、という図面が出来上がります。

もっとキツイ表現をすると、間違ってはいないけど気に入らない図面、という感じになります。

そうなってしまうと、せっかく図面を作図するために割くの労力が勿体ないですよね。

どうせ大変な思いをして図面を描くのならば、その図面は出来るだけ相手から評価されたいものです。

その為にも、作図した図面を出来るだけ効果的に使えるように、相手の要望を引き出すことが重要になってくる、ということです。

まあそれほど簡単なことではありませんが……だからこそ、それが出来る人には価値があるんじゃないかと思います。

続きを読んでみる »

相手との関係で仕事は変わる


このカテゴリでは、見やすい図面を描く為のテクニックではなく、もっと根本的な部分について色々と書いてみました。

テクニックとかコツなどの分かりやすい話ではないので、読んでいて少し漠然としているように感じる方も多いかも知れません。

しかしこうした考え方的な部分も、仕事をしていく上では結構重要な要素になってくるものです。

と言うか、テクニックよりむしろ重要な場合も多いので、押さえておいても良いんじゃないかと思って色々と書いています。

まあ偉そうに書いている私自身も、こうして書いていることを完全に実践できている訳ではありませんが……

理想と現実はなかなか思うようにリンクしないものです。

だからあまり大層なことを書くのは気が引ける部分もあるんですけど、出来るだけ実践できるように、という努力だけはしています。

出来る限りの努力をするというのは、図面を描く仕事だけではなく、どんな仕事でも当たり前のことなんですけどね。

そして、努力をするだけではなく、その努力によって結果を出さなければいけないというのがプロです。

そうしたプロを結構長く続けているので、ある程度は結果も何となく出ているんじゃないかと勝手に思っています。

と言うことで、今回も引き続き、テクニック的な話以外の話題を取り上げてみたいと思います。

続きを読んでみる »

図面の間違いが許される場合も


コミュニケーションスキルが不足しがちなのは、初心者の方か、もしくはベテランの方に多い。

前回はそんな話をして、実際にどんな流れで問題になりがちなのか、という話も少ししてみました。

ベテランの方が仕事でトラブルになると、それはもう面倒なことになるというのが私の感想です。

滅多にないことでもあるので、そういう印象がより強く私の中に残っているのかも知れませんけど。

謙虚さ、好奇心、勉強していくという姿勢、その他色々……

経験を積んでいくことで失われるものもあるのだ、ということを私はそうしたトラブルの中で初めて知りました。

……とか書くと、なんだか特定の人についての具体的な例を挙げているような気になってきますが、別にそんなことはありません。

これはあくまでもごく一般的な話で、当然経験を積んでいけば私にも当てはまる話だということです。

こうした部分というのは、気を付けていれば避けられることなのか、ちょっと私には分からないことです。

それが非常に怖いんですけど、まあ実際には気を付けることくらいしか出来ることってないんですよね。

続きを読んでみる »

図面のベテランと初心者の場合


お客さんとのコミュニケーションが上手く出来ていないと、相手の要望通りの図面を描くことが難しくなります。

そうすると、相手が望む図面と実際の図面との間にギャップが出来て、満足度の低い仕事と評価される。

そんな流れになると、図面を描くプロとしては残念な結果になるので、出来るだけそうした状況を避けたいところです。

だからこそ、図面を描くのは技術的な仕事だけど、コミュニケーションスキルも重要な要素になる。

そんな話を前回はしました。

このあたりの話は、知識とテクニックを大きく必要とする仕事をしている、大半の方に当てはまる話だと思います。

もちろん私も含めて。

私もどちらかというと、一日中黙ってパソコンに向かって図面を描いていることを望んでいるので……

それだけではダメなこともある、という現実を何度も現実に味わったりして来ました。

人間はどうしても楽な方に流れる傾向にあるので、こういう内容の話を書きつつ、私自身も気を付けないと、と思ってます。

今回も引き続き、そうしたコミュニケーションスキルについてもう少し書いてみることにします。

続きを読んでみる »

質の高い図面と相手の要望と


良い図面というのは相手の要望に沿った図面であり、作図側の都合で描かれた図面では決してない。

前回はそんな話をしましたが、まあ耳が痛いというか、偉そうに書いている私も気を付けないといけない部分が多いですね。

相手の意向に合わせるというのは、言ってみればある程度の謙虚さが求められることでもあるんです。

自分の意見というか仕事のやり方を、相手の意向に合わせてその都度変えていく訳ですから。

そういう部分って、経験を積んでスキルを磨けば磨く程、発揮しづらくなっていく部分でもあるんですよね。

人間というのは変化を嫌う生き物ですから、今までと同じやり方を無意識に選んでしまいがち。

経験が豊富になっていくほど、その傾向は顕著になっていきます。

そうした傾向があるからこそ、経験が邪魔をして自分のやり方を相手に合わせられない場合もある訳です。

まあ……これはとても難しい話で、経験を積むことが悪い訳ではないので、何とも言えない部分ではありますが。

前回書いたように、自分の描いた図面が商品でオーダーメイド出来るという感覚でいれば、ある程度は相手に合わせられるはず。

これは仕事で図面を描いていくプロにとって、かなり重要な考え方ではないかと思いますが、いかがでしょうか。

今回は、そうした相手とのコミュニケーションが上手く行かないと、どんな状況になるのか、というあたりを考えてみます。

続きを読んでみる »

このページの先頭へ